社員旅行必勝法

優雅に社員旅行の旅♪

社員旅行は意外にあなどれません

昭和の時代には、社員旅行は普通の企業の定番行事でした。近場の温泉地などに出向き、日ごろの疲れを癒しつつ職場の仲間との結束を強める。そういった意味のあるものでした。しかし、バブル期以降になると経費削減や旅行にまで会社の人間と行く事を嫌う風潮が出てきて、めっきり社員旅行のある会社は減ってしまってきています。このような状況の中ですが、昭和の世界観を見直す企業も出てきており、モチベーションアップの一環として旅行を企画する企業も出てきています。よく考えてみれば分かる事ですが、会社のメンバーと行く旅行は意外な発見があるものです。いつも頭の固い事しか言わない経理のあの人が実は気さくな人柄だったり、軽い奴と見られていた営業部の人が実は深くまで思案してから動いている人だったり。職場だけではなかなか分かりづらい面も旅行を通して数日一緒にいることで見えてくることもあります。ネガティブになることなく機会があったらどんどん参加することをおすすめします。

社員旅行でつながる人脈

社員旅行というと、中の良い取引先の社長さん等も参加することがたまにあります。最初はいろいろ気を使う事もあるので面倒だと思うのですが、逆に捉えると普段は会う事すらままならない社長さんと数日間時間を共にするのですから、大きなチャンスにもなり得ると思います。特に自由行動の時間などでは、仲の良いメンバーとばかりつるむことなく、ここぞとばかりにこういったキーマンとなる方と行動を共にするのはいかがでしょうか。普段聞けない事や苦労された話、何よりいつか自分が転職するときの助けとなってくれるかもしれません。世の中はどのような人脈がピンチの自分を救ってくれるか分かりません。その可能性となる機会が目の前に転がっているのであれば、これをチャンスととらえて積極的に動くことが今後の自分の助けにもなるはずです。勇気の一歩が自分を救う事もある事を忘れずにいきたいですね。

社員旅行でいろんな人と打ち解けよう

大きい会社でも、個人経営の会社でも、社員旅行がある会社はまだまだあると思います。たいてい、温泉地が多いと思います。それは、団体客なれしていて、旅行の計画が立てやすいからだと思います。たいてい大広間で宴会が行われ、いままで交流のなかった社員とも職場の枠を超えて仲良くなったりしますし、同じ部署の中でも普段と違う中で知らなかった一面を知ることができたり、とてもいい機会だと思います。特に新入社員の人たちにとってこの社員旅行は重要なポイントになっていきます。以前はお酌や、宴会芸は特に新入社員がやることが多かったですが、最近は時代もかわり少しずつ変化を遂げていると思います。みんなで共通の経験を持つことはチームワークをよい方向に持っていくのにとてもいいことだと思います。国内旅行だけでなく、海外旅行などをするリッチな会社もあるようですね。せっかくの旅行思い切って楽しみましょう。

おすすめ旅行プランをご用意しております。団体向け旅行プランを豊富に取り揃えております。一度の入力で複数の旅行会社に依頼。同じ条件での料金、内容の比較が簡単にできます。世代の違うメンバーでさ、参加者全員が楽しめる旅行プランを手配させて頂きます。旅行プランは全てオーダーメイドでご提案します。参加者全員にとって良い思い出となる最高の旅行プランをご提案させて頂きます。旅行会社の選び方をご紹介しております。社員旅行のプランを比較するなら旅活